FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう限界。

こんにちは。

いつの間にか梅雨が終わり、梅雨が開けた途端に一気に猛暑。

毎日毎日暑さにやられっぱなし。
24時間どこかしらの部屋のエアコンが付いている状態です。

梅雨明けの前は大阪での地震、そして西日本の豪雨被害。

テレビで被害状況を見るたび、自然の脅威と凄まじい災害の爪痕に心が痛みます。



今日はポコたんと私の最近の様子について書かせていただきます。

今、正直私が精神的にいっぱいいっぱいで、ここに書くことで少し落ち着こうと思って書いています。


5月にポコたんは2歳になり、4月からは週に1〜2回、少し離れた区域(学区外)の保育所や幼稚園の
園庭開放へ行っています。
6月からは、前に行っていて2月いっぱい(こちらは以前は月1回、1歳5ヶ月から行っていた)で一度終了となった保育園が、
園舎が改修工事を終えたので再度園庭開放へ、こちらも別の曜日で週1回行っています。

1歳半健診の時に言葉の発達がゆっくりめということで、発達相談から発達検査等をして、半年スパンでフォローとなっています。
6月の初旬にその半年の区切りがやってきて、再び発達相談(2歳児の個別相談と発達検査など)のために市の保健センターへ行ってきました。
前回と同様に検査をした上で、日常生活や子育てにおいての相談、検査結果を踏まえたフォローとアドバイスをしていただきました。

今回は私がひとりで連れて行きました。
前回と同様に、ちっちゃな豆椅子にちょこんと座り、30分くらいの検査を最後の項目までやり遂げました。

検査の結果としては、発達にかなりのムラはあるけれど、およそ2歳児の発達度合いということでした。
言葉に関しては、理解面は年齢相応ながら、表出がまだゆっくりめ。
ただし言おうとはしている感じも受けるので伸びしろはありそうとの判断。

認知面や運動面も好き嫌いや得意苦手もあったりで、そんなものでしょう(笑)ということでした。
相変わらず好きなことには執着するほど熱中してしまいやすいけれど、男の子には多い傾向のようです。
市が開催している言葉の教室の案内もありましたが、のちのちの協議の結果、今はその伸びしろ傾向も踏まえて、
園庭開放等で様子見となりました。

相談では、相変わらず、気に入らないことうまくいかないこと、嫌なこと、混乱したり怖いこと、びっくりしたことを
どれもすべて奇声をあげたり、叫んだりしていること。
最近はさらにそこから、その時に手に持っているものを投げ飛ばしたり、撒き散らかしたり、親を叩いたり引っ掻いたりしてくることに困っていると話しました。

おそらくそれは言葉(特に表出面)の問題もあるからということは私たちもわかっていたのですが、
それに対する対応策をしているにもかかわらず、エスカレートしてきていてこれ以上どうすればいいのかわからなくなっていると相談しました。

気持ちを汲んで代弁する、別の興味を引くなどほぼほぼ逆効果。
声をかけるのは愚か、触ることさえもできないほど。
どんどんどんどん上に書いたことがエスカレートするだけです。
投げる叩くといった行動で表す方法で自己表現を得たのは進歩なのかもしれませんが、
それが"あ〜よかったね♪"ではありません。
なす術なく放置プレイ状態。
その間、ひたすら大音量高音高ヘルツの声が部屋中に響き渡ります。
奇声と叫び声だけをとったら、1歳3〜4ヶ月くらいの時からなので、かれこれもうすぐ1年くらい聞かされ続けています。

私の耳はとうとうおかしくなりました。もちろん今も。
その声が耳に入るとザーザーゴーゴーとしか聞こえず、おそらく聴覚的に何かしら症状がありそうです。
不快以外の何ものでもありません。
ずっとずっと聞かされ続けて不快感しかなく、相当なストレスとなっています。
ですので、この度相談をしました。

今回当たった検査の担当の方は、ポコたんと同じくらいの年齢の女の子を持つ女性でした。
だからとても話しやすくて助かりました。
1歳過ぎてからの自己主張・自己表現に始まり、2歳前からのイヤイヤ期…大変ですよね…と少し盛り上がってしまいました。
いただいたアドバイスとしては(家にいる場合)、
・奇声をあげたり、叫んだり、ものを投げ始めたら無理に止めようとしない
・とりあえず子供の安全を確保する(投げても良いもの、周りの環境など)
・落ち着くまでは放置でOK
・一緒にいられない状況なら別の部屋にその間は逃げる
・子供が落ち着いてから話しかけたり、気持ちや行動内容や要求を代弁する
・今は絵本の読み聞かせは1歳くらいの言葉遊びの本で良い。無理にしなくてもいい。図鑑とかでもいい。
が挙げられました。

放置でOKと聞いて少しホッとしました。
他にも夜中に突然泣き叫んで何かに取り憑かれたようになっていることがちょくちょくあること、
それにより夫婦そろって寝不足(時々は主人は別室で寝てもらっています)になってしまっていることも相談しました。
夜驚症みたいな感じで2歳頃に多いようなのですが、発達がどうのこうのとか、日中の特別な刺激あるなし(外出したとか叱られたとか)は多少あるかもしれないが、まだ睡眠のリズムも整わないせいもあるのかもということでした。

それから10日くらいして、1歳5ヶ月くらいから行っている保育園の今年度の園庭開放が始まりました。
ここにはその頃からポコたんのことを知ってくれている担当の保育士さんがいるので、
私としては1番長くポコたんのことを見てくれている方なので、その日もいろいろと発達相談のことも含めて相談しました。

この日のポコたんは先生がどこかへ行ってしまう度に泣き叫んで、奇声を上げまくっていました。
先生はポコたんの要求や気持ちをうまく拾って対応してくれるので、
もしかしたら「僕のことをよくわかってくれる人」と思ったのかもしれません。
私の敗北感ったら…。この日はちょっと落ち込みました。
子育てアシストのプロに勝ちたいなんてこれっぽっちも思ってはいませんが、
毎日接している私って何なんだろうなと思ってしまいました。

その日に、先生からボディランゲージ的なものを使う方法("ちょうだい"や"やって"を両手を合わせて表す、
うまくいったことやできたことがあればハイタッチするなど)、成功体験を積ませることなどを教えてもらいました。

それからは、その方法でまあまあうまくやり取りできるようになってきました。
言葉もまだまだですが、たぶん今で1歳半前後のレベルかなと思います。

しかしながら相変わらず何を訴えたいるのか要求しているのか、さっぱりわからないことがあります。
なんの前触れもなく急に奇声をあげたり叫んだり、いきなりおもちゃを投げ飛ばしてきたり。
毎日べったりでいると何回も何回もそういうことがあり、その度に私も徐々に冷静でいられなくなってきます。

いつになったらこの奇声は終わるの?
何が言いたいの?
どうしてほしいの?

さっぱりわかりません。
いきなり始まった奇声をどう解釈・理解してあげればいいのか。
どうして奇声をあげたりしているのか、物を投げ飛ばしたのかわかっても、声をかけてもほぼ無駄に終わり(たぶん叫んでいるから耳に入っていないと思う)、手を付けられないので様子を見ても、さらに見てくれわかってと言わんばかりにさらにやり続けています。
ポコたんもわかってほしい、見てほしい、どうすればいいのかわからないと思っているかもしれません。

低月齢の時の黄昏泣きも延々と2ヶ月以上続き、途方に暮れた毎日だったことを思い出しました。
今はそれとは比べ物にならないほど長く続いています。
正直うんざりしています。
その声が上がるたびに過剰に反応する自分、イライラのスイッチが入る自分がいます。
いつかは終わる、2歳児ならそんなもの、なのかもしれませんが、私には永遠のトンネルの中にいるような感覚でしかありません。

ポコたんがこの状態に空腹や眠気が重なれば、さらにグズグズもイヤイヤも加速します。

一昨日は朝からずっとこの状態で、お出かけ先でも車の中でもグズグズ、キーキー。
私だけでなく、主人もイライラしているのがわかりました。

夜になり夕ごはんの時間になりました。
また始まりました。キーキー、キャーキャー、グズグズ…。
もう、放っておき!そう主人が言いました。

『いい加減にしろ!どうしたいねん!毎日毎日なんやねんなもうーー!』

ついに私がブチ切れてしまいました。

これまでにないくらい。
自分でももう我慢の限界でした。

子供に言ってはいけないほどの口調で、鬼の形相で。

ポコたんは当然泣きまくりました。ずーっとずーっと。


私ももう限界過ぎて泣いてしまいました。

いろんなことが頭の中を駆け巡りました。

ポコたんがなかなか話さないのは私のせいなのか。
私は今日一日朝からずっとイライラしてた。たしかにそれまでもキツく言っていた。
あーあ、とうとう爆発してしまった。
こんな嫁嫌だろうな。こんな母親嫌だろうな。
こんな奴と思わなかっただろうな。
私だって自分でもどうかしていると思うわ。
あんな言い方、私の母親とそっくりだ。
今まで(=幼い頃から)いろんなことでたくさんたくさん我慢してきたのに。
どれだけ我慢すれば解放されるの?
一日でも半日でもいいから母親業も家事も休みたい。
母親になったらそんなことは願ってはいけないのかな。
子育てに休みはないものね。
私は子供を生んで育てるべきじゃなかったのかな。
こんな母親でごめんね。消えてしまいたい。
もっとまともに育てられた優しい母親だったらよかったのにね。



自分でも自分のことが嫌になりました。


疲れました。辛いし、情けないし、悲しいし、しんどい。


ポコたんには、ごめんね、ひどい言い方をしたねと何度も謝りました。
そう言いながら握った手は思いっきり退けられました。
当然ですね。
謝ればいいものでもないですし、幼い子ども相手に言ってはいけないことを言ったのは私です。
謝るくらいなら言わなければいいことです。

メンタルはズタボロで、余裕も無かったんだと思います。

きちんとしなければ、私はあんな自分の母親のようにはなりたくない…

でも結果は同じです。


そんなことはただの言い訳にしかなりません。

ダメな母親です。


しばらく休息しようと思います。

まずは一時保育(4月に面談済み)を本格的に利用しようと思います。。

※子育てが嫌だとか、ポコたんがかわいくないとかではありません。
もちろんすべてのポコたんの訴えや要求がわからないのではなく、わかる時や必要な時は即座に対応して、家事をしているなど状況的に難しい時は声をかけて終わったら必ず応えるようにしています。
目を見て話す、危ないこと、迷惑になることはその都度伝えています。
ボディランゲージは前にも教えていただいていたのですが、その時はまだ理解ができず今になってようやく活用でき始めた感じです。
主人は限られた時間の中で身体も休めたいだろうに家事や子育てに協力的で、本当に助かっています。
私なんかよりもっともっと大変な思いや状況の方がいるのもよくよくわかっています。
ただただ、私に余裕がないのです。ストレスフルの状態です。
園庭開放へ行っても、最後にみんなでホールに集まって
絵本の読み聞かせをしてもらったりリズム遊びをしたり手遊びしたりという時間中、ずっとひとり誰もいない壇上を駆け回って、降りたと思ったらホール中を駆け回って…私が声をかけて一緒にいてねと言おうが注意しようがお構いなし。
最近はこの時間が苦痛になってきました。
身長が高めなので年齢も大きく見られがちだったりで。
みんな同じようにママと座っておとなしく…ってできるわけ無いと思っていながらも、我が子だけとなると。。
楽しそうにしているポコたんの様子だけが唯一の救いです。
ちなみにものを投げ飛ばしたり、人を叩いたりというのは私たちの前以外ではやりません。
園庭開放では一度もみたことが無く、その辺は自分でも分別をつけてわかっているんだと思うよと、いるんな方に言われました。
ポコたんもいろいろと我慢しているんだと思います。
お互いに少し離れる時間や親以外の人や環境での触れ合いを持つのも必要なのかもしれないと、
一時保育をお願いしようと思っている先の保育士さんと話をしています。



最後まで読んでいただいてありがとうございます

↓ポチッと…応援お願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。