1歳半健診。

こんにちは。

毎度おなじみで、随分とご無沙汰しています。

2017年が終わり、年が明けたらブログを書こうと思いつつも
気がつけば1月も過ぎ去ってもう2月…。
2018021214315875b.jpg
ブログに載せようと撮っていたお正月飾りも、もう1ヶ月以上前のことです

遅ればせながらのご挨拶となり申し訳ございませんが、2018年もすずメロ家をよろしくお願い致します。


書こうと思っていることは山ほどあるので、今年は昨年よりも頑張って近況報告などをしていきたいと思います!

せっかくポコたんのお昼寝の時間も今年に入ってからようやく昼食後の数時間に定まってきたのに
今は寒くて隣の和室に置いているパソコンで書く気になれず、毎日が過ぎていきます
もう少し暖かい時期になれば、その方がパソコンからサササと書いてしまえるのに。
いつもいるリビングは床暖のおかげでぬくぬくなので、ここから出たくはありません

なにせスマホのフリック入力での長文は、前にも書いたように打ち間違いが多くて嫌になります

今は頑張るしかありませんね(笑)


さてさて、現在1歳8ヶ月になったポコたん。
すっかり乳児らしさは無くなり、完全に幼児になりました
20180212144337cc6.jpg
できる限り午前中は公園へ行って、体力を消耗させる作戦を繰り広げています!
かーちゃん、寒い…。


昨年のことになりますが、12月の初旬のあと数日で1歳7ヶ月になるという日に
市の1歳6ヶ月健診に行ってきました。

それまでに子育てにおいてあれこれ気になっていたことや聞きたいことがたくさんあったので、
期待と不安を持って、すずメロ旦那も一緒に行くことにしました。

ポコたんと同じ月齢の子どもたちがたくさん集まる場なんてほとんど見ることがないので、
それはそれで少し楽しみでした。

まずは親と子がみんな1つの部屋で、歯や食事のことなどを子供が泣き叫び走り回っている状態で
耳をダンボにしながら聞いたあとは、
事前に送られてきた問診票などを参考に1組の親子×保健師さん1人でお話です。

ここでは
・発達度合い
・生活面の確認
・簡単な発達検査
・お悩み相談
を行いました。

生活面だと寝る時間、食事の時間や回数、歯磨きの状況など。
発達のことだと、スプーンやフォークを使うか、言葉のこと、運動(歩く、階段など)など。
これらに話をしながら、子供に積み木を積ませてみたり、なぐり書きをさせたり、絵を見せて指差しや言葉の表出を見ていきます。
お悩み相談は、親からの子育てに対する悩みや不安について聞いてもらってアドバイスをもらう
という感じです。

ポコたんの場合、生活面に関しては特にどうのこうのということは無かったのですが、
発達面で気になる点やそれらについての悩みが多すぎて、
他の親子が次々と話を終えて退室していく中、すずメロ家だけ延々と話が続いていました。
(気付けば次の時間帯のグループの親子がどんどんと入室されていました)

すごく熱心に見て聞いてくださる保健師さんだったので、とにかく普段気になることをここぞとばかりに相談してしまいました。
長々とひとりの保健師さんを独占してしまい、なんだか途中から申し訳なくなってきましたが。。

ポコたんの子育てにおいて気になっていた主なことは、
①:言葉が1語出るかどうかなくらい少ないこと
②:事あるごとに超音波級の奇声を上げたり、耳をつんざくような大きな声で叫んだりすること
とにかくその回数が多いこと
③:②の対応に困っていること
④:②による私のストレスがハンパないこと

①に関しては、1枚に6つの絵が書かれた紙を見て、
「これは何かな?」「〇〇はどれかな?」と聞かれては答えるという方法で確認されました。
とにかく車(乗り物全般やタイヤも)が好きなポコたん。
保健師さんが聞く前から、大暴走で
「んがぁーっ!」
(それらを言っている時はいつもこの表現)と言ってました。
わんわんはどれかなと聞かれるも、とにかく車を指差して「んがぁーっ!」。

逆にこれは何と犬を指差されると「んにゃんにゃんにゃん…」と答えます。
ちなみに犬と猫の区別はついていません。
しかも鳥でもカバでも猿でも、カメレオンでもゆるキャラでも赤ちゃんにでもにゃんにゃんとなります。

意味のある言葉をほとんど話さないということで、
一旦退室をして身体検査や歯科健診を終えてから全体の結果と合わせて再度相談となりました。

今度は別の保健師さんに当たりました。
そこでも再確認なのでもう一度言葉の確認です。
ご飯はどれと聞かれてお茶碗に盛られたご飯の絵を指差していましたが
おそらくまぐれだと思います(汗)

その保健師さんから、発達の詳しい検査が先生(たぶん臨床心理士さんのこと)が空いていれば
今からできると話されたので、ポコたんの発達の傾向を知るためにもすずメロ旦那とすぐに決めてやっていただくことにしました!
運良く空いていたので、その日のうちに済ませることができました。

別室の個室に案内され、笑顔のいかにも優しそうなお姉さん登場。
中に入り低い机と小さな豆椅子にポコたんを座らせました。

事前に検査のかんたんな説明をされ、いざスタート!
ここでの検査はスクリーニング的に行うもので、検査名は教えられませんでしたが
おそらく【新版K式発達検査(検査内容参照)】でした。

まずもって座ってずっとできるんかいな⁉という親の勝手な心配と不安をよそに
新しいことに興味津々のポコたんが印象的でした。

すずメロ旦那とすずメロは少し離れて座って様子を見ていました。
時々振り返るポコたんが授業参観中の小学生みたく見えてきて
なんだかそんなこともあっという間にやって来るんだろうな〜とか考えていました(おいっ!)。


いろんな検査項目があり(すずメロは元作業療法士としても気になる、元々は検査する方の立場でしたし。)
難しい課題があったり、項目も多くてなかなか時間がかかるので、もう途中で諦めてしまいそうな気もしましたが
臨床心理士さんがうまく流れを作って促してくれたり、声をかけたり切り替えたりしてくれたおかげで
最後までやり遂げました!
午後からのただでさえいつもお昼寝中の眠い時間帯に始まった健診で、
ここまで3時間半くらい経過していたので、寝ずにグズらずに頑張っただけでもすごいことです

途中に検査で使われたミニカーが出てきた時から、案の定「んがぁーっ!」が始まったところは
いつもどおりでした
検査を終えてからもそのミニカーが気になって遊びたくて、
結果を聞いている時もやかましいほどに連発していました💧

検査の結果は、
・運動と言葉の発達がゆっくりめ
・1つのことに集中はできるがやや固執傾向

大まかにはこのような感じでした。

フィードバックしてもらいながら、検査結果を踏まえた今後の接し方などのアドバイスを聞いて終了となりました。

少し長くなってしまったので、続きは次回に。
20180213135116b99.jpg
箱入り息子(笑)
やんちゃ坊主まっしぐら!



最後まで読んでいただいてありがとうございます

↓ポチッと…応援お願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト