上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

近況(その1)。

こんにちは。


またまたすっかりご無沙汰のブログ更新です。
たぶん1ヶ月以上空いたのは初めてな気がします…。

なにをどこから書いていけばいいかもわからないくらい期間が空いてしまいました

今日こそブログ書けるかな~なんて思っているうちにもう4月も後半に。。

毎度のことながらあっという間に月日が過ぎ去り、3月のことはもう頭に残っていません(´・ω・)

振り返るのはやめておきます。


ポコたんが3月に10ヶ月を迎えたことだけは確実!笑
ただいま11ヶ月になっています。

今年も近所の満開の桜を見に行ってきました♪
20170409_150610.jpg

去年の今頃はお腹の中だったのにね
20170412_125925.jpg



4月になってからのことをちょっと。


4月がスタートした1日(土)の早朝、お腹が夜中から痛いとすずメロ旦那に起こされました。

なんか嫌な予感。。


昨年10月の記憶が蘇る。


しかーし!


あの時はすずメロ旦那は自分で車を運転して病院までたどり着けましたが、

今回はその時とは雲泥の差ほどのかなり強い痛み!!



起こされた時は大丈夫だったのに準備をしている間にあれよあれよと痛みが増強!


自分で行くのは極めて無理な状態になり、救急車を要請


数分後に到着するまで、すずメロ旦那はずっと「くっそ!くっそ…!」と言いながら痛みに耐えておりました。


どうにかこうにか玄関まで歩いたすずメロ旦那
その後はずっとうずくまったままでストレッチャーに乗って救急車の中へ。


ここからが、てんやわんやな数日間の始まりです。



家に救急車が着いたはいいけどなかなか出発しない様子。
⇒ちなみに救急車を呼ぶ前、前回入院していた病院(以降、A病院)へ救急受付OKの許可をもらっていたので
  救急隊員へ申し送ってその病院へ連れて行ってもらう段取りでした。
  すずメロポコたんがいるため初めから一緒に乗っていかないことにしていました。冷たい嫁だなんて思わないでー…。
  そのため一旦自宅内で待機中。


15分くらい家の前で待機している救急車からようやく救急隊員が降りてきて伝言。

A病院は(私たちが行く前に)重症患者の対応に当たってしまったので断られ、B病院へ行き先を変更。


すずメロの心:(散々待ったのになんやねんな、それ。すずメロ旦那は強烈な痛さを我慢してんのに!)



とにかく、すずメロ旦那が乗った救急車はB病院へ。

すずメロは大急ぎで入院の準備をして、ポコたんを起こして離乳食を食べさせ、
たくさんの荷物(入院セットとポコたんのもの)を抱えてタクシーでB病院へ。


到着すると救急外来にはおらず、検査にまわっているということでしばし待合で待機。

その間、ポコたんはいつのまにかねんね


30~40分して検査から戻ってきたようで、救急外来のベッドにおりました。


抗生剤と鎮痛剤の点滴で症状は軽減、発熱無し、
腹部造影検査、血液検査等から憩室炎で間違いないという診断で、
点滴をその時点で切り上げて内服薬を処方され帰宅できることに。

朝からドタバタしたわりには、家に帰れるということでちょっと拍子抜け。


とにかくよかった…。

前より痛みが強かったのになんだったんだろうね~、同じ憩室炎でも病院が違えば入院にはならないのね~
とか話しながら3人で帰ってきました。

その日は食欲はいまひとつで、
憩室炎という診断だったのでとにかく消化の良い物をと思いながらご飯の準備。


なんとか食べているけれど、やっぱり調子が悪くてしんどそうなすずメロ旦那

その日の夜~翌朝に熱発していたのかちょっと汗をかいていて、まだ若干熱っぽい。


お腹の痛さも消えず(救急車を呼んだときほどではない)、一時38度台まで発熱してその後微熱継続。


食欲は落ちる一方。だんだん水分も飲みたくなくなってきた様子。


そんな感じで1日を過ごし、やっぱりおかしいということで3日(月)に本来行く予定であったA病院へ。


予約なしなので結構待って(よく頑張ったわ、すずメロ旦那)、いざ内科の診察。
(すずメロポコたんのお昼の離乳食があったのですずメロ旦那一人で診察室へ)


帰ってきたらちょうど診察後で診察室前の椅子に座っていました。

すずメロ旦那は開口一番、
「虫垂炎(いわゆる盲腸)やと思うって言われた。」


えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ━━━━(゚д゚;)━━━━
盲腸!?



すずメロ、思わず待合で軽く叫んでしまいましたよ。


診察したドクターに、これまでの経過と症状を聞いただけでもそう思うし、
検査結果ともたぶん矛盾ないと言われたと。
憩室炎にしては再発するスパンが短いし(多いのは年単位での再発)、
数日間これだけがっつり鎮痛剤と抗生剤飲んでるのに症状がなくならないのもそのせいだと思うから、
とにかく診断を仰ぐために診察を外科にまわすと話されたそうです。


はぁぁぁぁぁ~~~~~~
B病院のあの医者、どこ見てんねん!!!

↑これは、さすがに叫んではいないです。すずメロ旦那には言ったけれど。


それからすぐに外科の診察になり、虫垂炎の診断結果。
(ただ憩室も付近にたくさんあるから憩室炎の可能性もあるけど、ほぼほぼ虫垂炎ということでした。)

次は手術するかどうかの選択です。
ドクターなら3/4で手術をすすめるけど、決めるのはすずメロ旦那
選択肢は3つ。

①全身麻酔または半身麻酔での古来式の開腹術…傷は1ヶ所、5cmくらい。
②全身麻酔での腹腔鏡手術…傷は3ヶ所、1~3cm。カメラを入れるので憩室炎の確認も可。
投薬で症状緩和…いわゆる薬で散らすっていうやつ。手術は今回しないが再発の可能性あり。

すずメロ旦那の心はひとつ!

『とにかくこの痛みから解放されて、ご飯が食べたい!』

迷い無く②を選択

この時点でお昼の12時。

手術をすると決まれば、初めての全身麻酔の手術を怖がるよりも
痛みからの解放にやる気がみなぎってむしろ生き生きしてきたすずメロ旦那(笑)
病は気から。。

血液検査で炎症を示す数値であるCRPは17まで上昇していました。
(いわゆる風邪とかだと2~3くらい、何もなしで0)

しんどいはずです。

そこから手術に必要な追加の検査へ行って、手術時間まで病室で待機していました。



つづく。
==================================
すみません、長くなりそうなので区切ることにしました。
早めに続きが書けるようにがんばります!



またしても突如やってきたすずメロ旦那の緊急事態

4月1日の診断、なんのエイプリールフールの冗談かと思いました

この辺りじゃすずメロ旦那が小さい時からB病院はヤブって噂が絶えません
全国区にあるいろいろ事件もあった系列の病院です。


ピンピンとは言えないものの、すずメロ旦那は今はほぼほぼ元通りで元気に仕事へ行っています!

すずメロは最近お疲れモード&おねむモード&イライラモードでヘロヘロです。

来月にはポコたんは1歳
毎日毎日なにかしらアップデートされて新しいことをどんどん習得して、
すずメロ家で一番元気な気がします

お誕生日には何かしらしてあげたいなと思いつつ、何をしようか考えてはいますが
なかなか頭も体もついていけない毎日です。




最後まで読んでいただいてありがとうございます

↓ポチッと…応援お願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。