上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

- trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出産レポ&入院レポ(出産編その2)。

こんにちは。

とうとう今年の梅雨入りが発表されました

野菜や植物にとっては久しぶりの雨♪

水道代が浮くので助かります(笑)

すずメロがしばらく自宅にいない間にキキョウが花を咲かせ始めていました
IMAG3696.jpg
鉢を放置していたにもかかわらず、たくさん蕾を付けてくれています。

ポコたんは午前中によくぐずるので、強制的に抱っこ紐の中へ。
IMAG3715.jpg
付属のインナークッションを使えば新生児が縦抱きできるタイプのものです。
すずメロと密着しながら揺られて、いつの間にか夢の中~~~

この状態で座って今パソコンからブログを書いています!

ブラインドタッチができるので、少々前が見えなくても問題ありません。


それでは…前回のつづきで、いよいよ出産本番!
(ちょっと長くなります。)
=====================================================
助産師さんに案内されて、トコトコとすずメロ旦那とLD室へ入室(。

ベッドは1つなので、陣痛室から分娩室へ移動しなくてよいので安心です!

「破水しているのでだいたい24時間以内には出産になると思うんですけどね。
○○さんは子宮口が4cm開いているから、もしかしたら早いかもね~~」
とか話しながら移動しました。

まずは張りの頻度をチェックするためにNST開始。

破水している(しかも羊水は残り少ない)ので、大きな産褥パッドも装着。

初めてドバッと出て、破水していることがわかりました。

助産師さんたちはどの位置で破水しているのかを探ってくれていました。


5分間隔くらいで張りは来ているけれど、いつも通りで痛みもなし。

1時間ほど様子を見ますということでしばらく続きます…。


ほぼほぼ変わりがないようなので、ここで助産師さんによるグリグリ作戦発動!!!

臨月に入ってからの健診の度に担当の先生にグリグリされていましたが、
さらに念入りに。

ここで入院中にお世話になった知っている助産師さんが次々に様子を見に来てくれました♪

「やっと(分娩のために入院する日が)来ましたーー!」とかしゃべっているすずメロ

運よくこの日は夜勤帯で知っている助産師さんがたくさんおられました。

「私らがいる時間に産まれてくれたらいいね~」なんて笑いながらおしゃべりしまくり。


しかーしっ!!


グリグリの後、30分位してなんか張りの波に乗って痛みのようなものが・・・


これはもしや陣痛!?


どうやらそうらしいけれど、まだまだ余裕で合間にまた助産師さんとぺちゃくちゃおしゃべり。


それにしても右腰が痛いの何の。

助産師さんに「おっ!ちょっと辛くなってきた!?」と話しかけられたので

「それっぽくなってきました。」とお返事。


波が来たと同時に右腰をさすりまくっていてすずメロ旦那に笑われる。
たぶん超高速でさすっていたから(笑)

まだまだすずメロ旦那と冗談言ったり、話す余裕あり。


だけど、初めから5分間隔で張りが来ていたところに痛みが伴うので、すぐに痛みが来るような間隔。

あれよあれよという間に子宮口は6cm…8cm…。

「いい感じよ~~~」ということでもう少し我慢。

痛みの程度もかなり強くなってきて(さする度合いも病衣が破けそうなほど)いたので
さすがに自分の腰のさすりだけでは効かず、ここですずメロ旦那に腰のことはバトンタッチ。


すずメロ旦那が理学療法士でよかった・・・

押してほしいと言った場所の触診および力を入れる方向は完璧☆


そうこうしているうちに、
すずメロ旦那に間隔をみてもらうとほぼほぼ1~2分間隔になっていました!


この日はお産ラッシュだったので、この時点では助産師さんが自分たちのお部屋にはおらず
すずメロ旦那に呼びに行ってもらいました。


子宮口が全開しているということで、ようやくいきみ体勢に!


まだすずメロ旦那はLD室にいます。


ようやくいきんでよくなったので若干開放感はあるけれど、
どうやっていきめばよいのか、いきむ時に気を付けなくてはいけないことがあれこれあって
ちょっとパニック(-∀-)

すずメロ旦那に時折フォロー(ベッドのレバーを握るとか、おへそを見るようにとか)してもらいながら

波が来たら「来ました!」と言って、一旦深呼吸をして3回いきむを繰り返し。


何回繰り返したのでしょうか。。


上向きでいきんでいたけど、出てこないということで今度は右向きでいきんでみたり、
また上向きになってみたりを繰り返し。


1時間近く繰り返し、すずメロは息も絶え絶えのせいか、酸素マスク装着。


しんどくてだんだんと疲れてきました。。


「なんで赤ちゃん出てこんの…」「しんどい…」とすずメロ旦那に弱音。

「しんどいなあ」と言いながら、手を握って必死に汗を拭いてくれてうれしかった。


ポコたんは頭も見え始めているけれど、
すずメロの骨盤(恥骨部分)が狭いのでなかなか出て来られないよう。

いつの間にか当直の先生もすずメロの出産に加わっていました。
必死すぎて気が付かず。


ここへきて陣痛が微弱になってきたので、促進剤を使うことに。

すずメロ旦那が同意書に記入(促進剤でダメなら帝王切開になるというところまで書かれていたらしい)


促進剤を入れるか入れないかぐらいのところで、
再度やる気が出てきたすずメロの子宮の収縮とポコたんの動き。

たぶんすずメロは「赤ちゃん頑張れ!」って言ってたと思います。


ここで清潔領域(脚カバー等を付けたりで分娩の最終段階)に切り替えるため
すずメロ旦那は一旦退室。
→バースプランに基づいて。


すずメロ旦那退室後、吸引も必要だということで今度は小児科の先生が登場。


スタッフみんなの「もうすぐ会えるよーーー!」の言葉に励まされて、いきみを数回。

吸引器具を装着されたと同時に最後のいきみ。


すぐに頭が出てきて、ちょっと足が引っ掛かり気味だったけれど、ようやく…


産まれました!!!!!!!

2016年5月14日(土) 午前3時49分

大きな産声をあげて、元気な男の子が誕生しました。


産まれたと同時に助産師さんたちが拍手をしてくれたので、
うれしくてすずメロも一緒に拍手していました♪


ポコたんはへその緒が首と腕に少し巻き付いていたようでした。

すぐさまポコたんは清拭や測定があるため別室へ。

<測定結果>
身長:52cm
体重:3,328g
胸囲:33cm
頭囲:35cm
→予想よりポコたんの頭が大きく、すずメロの骨盤が狭いため出てくるのが大変だったようです。


すぐさますずメロの後処置が始まりました。

つづく…
==============================================
終わってみればあっという間だった出産。

どれくらいの時間がかかったのかは後で知りましたが、
なんだかんだで分娩時間は4時間13分のスピード安産でした。

初産だったにもかかわらず、子宮口が開いていた分早かったようです。


産まれたら感動して泣いてしまうかと思いましたが、
達成感の方が勝ってしまい泣きませんでした。

むしろこれを書いている最中の方が思い出してウルウルでした

切迫早産の危険がありながら、結果的に40週3日までもってくれて本当によかったです。

みんなのこれまでの心配をはねのけるほどに、無事に元気に大きく産まれてきてくれて。


もう3週間前の出来事。

あっという間に過ぎていっても、ポコたんはこの短期間にも確実に成長しています。


産まれてきてくれてありがとう。



<分娩の経過>(正確な時間ではありません)
・13日(金)
午前中    おしるし
夕方      おりものシートからあふれるくらいの分泌物→結果、破水。
22時     病院へ電話
22時30分 病院へ到着→破水が確認されそのまま入院
23時     LD室へ移動。NST開始。助産師さんによるグリグリ。
23時30分  陣痛開始
↓ 陣痛進む。
・14日(土)
2時30分  子宮口全開
3時49分  ポコたん誕生!



最後まで読んでいただいてありがとうございます

↓ポチッと…応援お願いします

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

4 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。